痛風

痛風

痛風に関する情報を紹介していきます。

潮風通販 > 痛風

痛風 初期症状

痛風と言うのは、何かと言うと、生活習慣病の一種です。どういう病気なのかと言うと、尿酸と言うものが体内の血中や関節部分にたまり、痛みを伴うこともある病気なんです。
初期症状はおもにこんな感じです。
◆膝や足の指(特に母指)に痛みや熱感を感じる◆膝関節などに炎症が発症する
◆足の指などに変形がみられる
◆立ち上がる時に痛みを生じる
◆痛みが長時間継続するがその後痛みは収まる
上記のような症状に類似する自覚症状を既に発症している場合、もしくは症状の疑いがあるが通風かどうか判断できない場合は、血液検査によって尿酸値を測定しておくことは非常に大切です。

健康診断や人間ドックでも血液検査は行われますし、もし予定が先の場合は早急に近くの検査機関で血液検査の予約を入れておきましょう。早期発見は早期治療につながり合併症の予防にも繋がります。

痛風 特効薬

発作が起きる前には、発作の前兆とか予感のようなものを感じることが少なくありません。そんな時期に飲んで効果抜群なのが、コルヒチンという薬です。発作前に一錠を飲んでおけば、発作を回避することができると言う話もあります。コルヒチンは、ユリ科のイヌサフランの球茎が原料で、アルカロイドの一種です。大昔の紀元前からすでにある薬で、特効薬として知られてきました。

この発作は、白血球が尿酸ナトリウム結晶を異敵とみなして貧食するために起きる炎症ですが、コルヒチンのはたらきは、白血球が尿酸ナトリウムの結晶を貧食することを妨害し、遊走の機能を抑制して、関節炎が起きないようにするものです。そこで、痛風の前兆時に服用すれば、発作を未熟に防止できるのです。日本でのコルヒチンの使用法は、これが普通だと理解しておいてください。実は以前、コルヒチンは、痛風の診断基準のたいせつな項目になっていたのです。つまり、発作の最中にコルヒチンを使用して有効であったら、それは痛風と診断する有力な根拠になったということです。

しかし特効薬とされるコルヒチンですが、最近の情報ではこれらの副作用から、他の鎮静剤も使用されることがあります。コルヒチンは麻酔と同じように多少の毒をうまく使っているということです。
そのため、服用には十分の注意が必要です。
安心、安全を考えるならこのような商品もあります。
  ↓   ↓


痛風 トップへ戻る